うつ病を予防するには症状や病気について知ることが大切

治療の流れ

カウンセリング

うつ病治療にはとても長い時間が掛かります。この病気の治療は急性期と回復期、再発予防期という3つの段階を踏むのです。うつ病治療の流れについて覚えておきましょう。まずは急性期ですが、たっぷりと休養を取り、抗うつ薬や睡眠導入剤などで薬物治療を行います。抗うつ薬は始めは少量から服用していき、患者の様子を見ながら量を徴していくのです。基本的に効果が現れるまでに時間が掛かります。抗うつ薬の特徴として効果を実感するのに時間が掛かり、副作用の方が先に強く出てしまうことがあるのです。このように副作用の方が先に強くでる場合があるので、抗うつ薬の効果がないどころか、余計に症状が悪化したと思い薬物治療を勝手に止めてしまう方もいます。薬物による治療は効果が現れるまで時間を要することを理解して、医師の指導に従って行うことが大切です。また、抗うつ薬の効果が出てくると不安や苛々、憂鬱感などの症状が解消されます。生活への興味や関心も戻ってくるので、家事や外出も少しずつこなせるようになってくるのです。段々と日常生活が楽しめるようになるでしょう。急性期が終わったら、回復期に入りますが、この期間は症状が回復したり悪化したりを繰り返しながら徐々に状態を安定させていきます。基本的に調子が良くなったと思ったら、次の日にはまた調子が悪くなるといった事を繰り返すのです。このように症状の回復と悪化を繰り返していると、回復した時に病気が治ったと勘違いしてしまう方もいます。そのような方は途中で勝手に治療を止めてしまい、また最初の状態に逆戻りしてしまうことがあるのです。医師が治ったと言うまでは病気の治療を続けなければいけないので、しっかりと治療を続けましょう。また、少しずつ症状が収まってくるため、体力や気力が戻ってきます。最初の頃に比べても、大分身体を動かしたりできるようになってくるでしょう。そこで問題になってくるのが希死念慮です。回復期には体力や気力も戻ってくるので、自殺などを考えた時にすぐに実行することができるようになります。回復と悪化を繰り返していると、病気だった頃に戻りたくないという恐怖感が芽生えてくるのです。病気だった頃に戻るくらいなら死んだほうがマシと考えて、希死念慮が現れてしまいます。周囲の方は、少しの変化も見落とさないように注意しておきましょう。基本的に症状が安定してくると社会復帰を考える方も多くなってきますが、完全に状態が安定していないにも関わらずに社会復帰しても逆効果です。すぐに病気を再発してしまうでしょう。少し回復したことに一喜一憂せずに、時間をかけてしっかりと治療していくことが重要なのです。最後に再発予防機ですが、うつ病は再発のリスクが非常に高いので、再発予防に力を入れる必要があります。状態が安定してから、1年から2年程は薬物治療を続けるのです。再発を予防して、調子の良い状態を保つ必要があります。症状が完全に安定して、薬物治療はもう必要ないと思っても勝手に薬物治療を止めるのはきけんです。薬物治療を続けるか止めるかは医師が決めることなので、まずは医師に相談するようにしましょう。医師の判断で薬物治療を終了することができるかもしれません。基本的にうつ病の再発予防にはストレスを溜めないことが大切なので、ストレスを溜めないように注意しましょう。